TOP 社会保険労務士とは 社会保険労務士紹介 報酬額表 お問合せ
     
健康保険
 

 公的な医療保険のうち、民間企業で働く従業員(被保険者)とその者に扶養される家族が加入する保険を健康保険といいます。 健康保険には、国が保険事業の運営主体となっている政府管掌健康保険(政管健保)と、健康保険組合が運営主体となっている組合管掌健康保険(組合健保)の2種類があります。


 

健康保険に必ず加入する人

被保険者・・・・民間の事業所で働く会社員等

健康保険に希望により加入できる人

任意継続被保険者・・・・会社等を退職した場合で、健康保険の加入期間が継続して
                2ヶ月以上ある人が、退職後20日以内に申し出る。
 
     
健康保険の給付
 

☆健康保険の給付は、被保険者の業務外の事由による負傷・疾病・死亡・出産および被 扶養者の負傷・疾病・死亡・出産に関して給付を行います。

(1)負傷・疾病

  • 療養の給付・療養費
  • 入院時食事療養費
  • 特定療養費
  • 訪問看護療養費
  • 移送費
  • 高額療養費
  • 傷病手当金

(2)出産

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金

(3)死亡

  • 埋葬料(埋葬費)

(4)被扶養者の負傷・疾病・出産・死亡

  • 家族療養費
  • 家族訪問看護療養費
  • 家族療養費移送費
  • 高額療養費
  • 家族出産育児一時金
  • 家族埋葬費

※福祉事業として高額医療費貸付・出産費貸付の制度があります

 
健康保険の保険料
毎月の給与 標準報酬月額×保険料率(8.2%)政府管掌健康保険
賞与     標準賞与額 ×保険料率(8.2%)政府管掌健康保険
保険料は、事業主と被保険者が折半で負担します。

組合健保の保険料率は健康保険組合によって違います。

注、40歳以上65歳未満の被保険者は、介護保険の被保険者(第2号被保険者)にもなり、介護保険料も健康保険の保険料と合わせて支払うことになります。

介護保険料率は、1.23%です。


 


 社会保険関係
 労働保険関係
 労働基準関係
 関連情報