TOP 社会保険労務士とは 社会保険労務士紹介 報酬額表 お問合せ
     
公的年金制度としての厚生年金とは
 

 わが国では、会社員・公務員・自営業者や学生も含めて、原則として20歳以上60歳未満の人は公的年金制度としての国民年金に加入することを義務付けられています。 公的年金制度の基礎となるのが国民年金です。国民年金は、老齢・障害・死亡などによって、加入者本人あるいはその残された遺族の生活が脅かされることがないように、国民全体で互いに支えあいながら、生活の維持向上させることを目的としています

 また公的年金制度のうち、おもに民間企業に勤める会社員を対象としたものが厚生年金保険です。厚生年金保険は、国民年金に上乗せする形で加入していて、厚生年金保険料として納付する保険料も、その財源の一部は、国民年金へ拠出されています。したがって、国民年金保険料も納めていることになっています。  厚生年金保険から給付を受けるときもこれと同様で、国民年金からの給付に厚生年金保険からの給付を上乗せしたものが、支給されます。 ※公務員を対象としたものが共済年金です。

     
厚生年金保険
 

厚生年金保険に必ず加入する人

○被保険者・・・適用事業所(会社・工場等)で働く70歳未満の人

厚生年金保険に希望により加入できる人

○高齢任意適用被保険者・・・老齢厚生年金等を受けることができない会社員等で70歳以上の人
     
厚生年金保険の給付
 

○老齢厚生年金

☆老齢厚生年金は生年月日、被保険者期間、60歳以後の働き方等により年金額が違います。
@60歳台前半の老齢厚生年金
A60歳台前半の在職老齢厚生年金
B雇用保険給付との支給調整
C65歳からの老齢厚生年金
D60歳台後半の在職老齢厚生年金

○障害厚生年金

厚生年金保険に加入中などの病気や怪我で日常生活に支障のある障害の状態になったときに支給されます。障害の状態により1級・2級・3級の年金と、一時金の障害手当金があります。
1級・2級の年金には配偶者加給年金額が加算されます。

○遺族厚生年金保険

厚生年金保険に加入中などの人が亡くなり、生計を維持されていた妻、子、夫、父母、孫、祖父母に支給されます。支給には一定の条件があります。

○脱退一時金

厚生年金保険の被保険者期間を6ヶ月以上有する外国人が年金を受けられずに帰国したときに、請求により支給されます。

厚生年金保険の保険料

毎月の給与 標準報酬月額×保険料率(14.642%)平成18年9月分〜平成19年8月分
賞与     標準賞与額 ×保険料率(14.642%)
保険料は事業主と被保険者が折半で負担します。
※保険料は平成29年9月まで、毎年1,OOO分の3.54ずつ引き上げられます。

 


 社会保険関係
 労働保険関係
 労働基準関係
 関連情報