TOP 社会保険労務士とは 社会保険労務士紹介 報酬額表 お問合せ
     
ライフステージアドバイザーとして
 

かって、イギリスの社会保障制度を称して「ゆりかごから墓場まで」と言われていました。生涯にわたる行き届いた社会保障制度を表した言葉です。
 まさに人の一生には、妊娠、出産、育児、子育てから老後の介護、死亡、相続まで人生の節目(ライフ・ステージ)があります。日本にも、その節目に対応したさまざまな社会保障制度がありますが、核家族・一人の世帯が多数を占め、頼りとする者・相談相手が身近にいなくて、不安を感じている人、役所への手続きをどうしていいか分からない人が増えています。
 私たちは、時には社会保険労務士・助産師という専門家としての立場から、また時には人生経験を積んだ者としての立場から、一人一人の置かれた状況を尊重し、その人に相応しい適切なアドバイスを心がけています。

ライフステージ(人生の節目)とは
妊娠・出産
育児・子育て
教育(保育園・幼稚園から大学まで)
成人
就職・起業・退職
健康・病気・怪我
結婚・離婚
引越し
高齢者・介護・年金
死亡・相続
4つのH(二人のイニシャル)がモットーです
Heartefulness(心のこもった)
Happiness(幸せいっぱい)
Healthfulness(健康によい)
Hopefulness(希望にあふれた)




〒121-0062 東京都足立区南花畑3−11−17
TEL・FAX  03−3884−2541
社会保険労務士  堀 内 英 男(H.H)
助 産 師    堀 内 洋 子(H.H)

     
二人のプロフィール
 
堀内洋子:助産師
昭和22年 9月
福岡県久留米市で生まれ、育つ。
昭和41年 3月
久留米市立南筑高等学校卒業
昭和44年 3月
社会保険中央高等看護学院卒業(新宿区)
看護師の国家資格取得
昭和45年 3月
日本赤十字社助産師学校卒業(渋谷区)
助産師の国家資格取得
昭和45年 4月
社会保険中央総合病院勤務
出産・育児のため休業
現在
足立区の太田病院産婦人科勤務
妊産婦のためのリフレクソロジーを習得中
堀内英男:社会保険労務士
昭和21年11月
疎開先の群馬県で生まれ、墨田区江東橋で育つ。
昭和44年 3月
早稲田大学商学部卒業
昭和44年 4月
大手印刷会社入社
昭和45年 8月
同退社
この間に4回の転職を経験する
平成15年11月
57歳で退職後、社会保険労務士資格試験に挑戦
平成17年11月
2回目の挑戦で資格試験に合格
平成18年 9月
社会保険労務士として登録
平成18年11月
60歳で自宅を事務所に社会保険労務士として開業

趣味
社交ダンス(下手ですが夫婦でダンスを楽しんでいます。
写真(孫の写真、旅の写真を撮るのが楽しみです。いまだにフィルムです)
バイク(大型スクータ)
読書(ジャンルを問わず)
旅行(元気なうちに夫婦でどこへでも)



 社会保険関係
 労働保険関係
 労働基準関係
 関連情報